G.ガウジョン、ペアリング~産卵セット

こんばんは。
s-れいんです。






クワカブマイスターさんのブログでブログ開設2周年プレ開催中です。


協賛募集:3月2日(金)~3月11日(日)
応募期間:3月12日(月)~3月18日(日)
当選発表:3月19日(月)


微力ながら私も協賛しておりますので、興味のある方は是非。





本日はゴロファネタ。


いろいろセットを解体してスペースが出来たし、時期的にもそろそろかなということで、ガウジョンのペアリングをすることに。

それよりも、今頃のブリードになったのには訳が…。
♂が全く餌を食べないんですよ。
羽化後2ヶ月半経つんですけどね。



うーん、かっこいい。

触ると元気なんですけどね。


そろそろ♀が寿命を迎えるのが怖くなってきたので、後食してなくても1月初旬羽化だしいけるっしょということで強制ペアリングを実行。
ペアリングを機に後食を開始する個体もいるみたいですしね。
ちなみに♀は12月初旬羽化です。





結構頑張りました。
粘った末に交尾成功。

個人的な意見ですが、最初に向かい合わせにした方が♀を認識してくれるので、交尾してくれる気がします。
ヘラクレスなんかはそんなに気にしなくてもしてくれるんですけどね。





正面から。
やっぱり前脚長いですね。

今更ですが、大型でツノ曲がりもなく、素晴らしい個体です。
こんな個体を羽化させてみたいですね。



実はツノ曲がり♂もこっそり準備してましたが出番はなさそう。


3時間ぐらい交尾してました。
重さ測っとけばよかった…。


♀は1日餌を食べさせた後、セットに投入しました。






産卵セットの内容はアエギオンと全く同じです。


セット日:2018年3月11日
ケース:セパレートケース中
マット:極仕込みマット+Nマット
温度:20度前後
水分:気持ち多め


アエギオンとは違い20度でセットしました。
厳密には20度前後で推移していますが、エラフスホソアカと同じ温度帯です。

マットはいつも通り極仕込みマット(Beetle On製)とNマット(RTN製)を一対一で混ぜて加水したものを使用。
中型カブトだと最近はこれが一番手応えがあります。
概ね微粒子なので篩は特にかけてません。

Nマットを半分ぐらい篩がけすればネブトにも使えますね。


とりあえず週末割出して様子を見てみる予定です。


今日は温度上がってましたね。
家の暖房付けっぱなしで来ちゃいました。温度が上がり過ぎてなければ良いですが…。
出張中は自分で確認できないのが辛いですね。


ところで、今週の週末は浅草でブラックアウトがありますね。行かれる方いますかね?


私は特に買う予定はないですが、遊びに行こうと思います^ ^
初めてなので楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0