ユダイクス(休眠中)

こんばんは。
s-れいんです。


ちょっと用事があり実家に戻ってきています。
私の実家は北関東のとある田舎にあるのですが、最近はちょっとしたことでフィーバーしてるので、意外と有名です。
もともと観光地で有名だったというのもありますが。



時間があまりないので小ネタです。

冬のKUWATAの目玉商品のユダイクスですが、カテゴリー整理していなかったので、作成ついでに紹介します。


ユダイクスミヤマクワガタ
Lucanus cervus judaicus
産地:トルコ
累代:CBF2
羽化日:2017年8月



写真は休眠前の使い回しですが。





自然に活動するのを待とうと思っているので、現在は12~13度で休眠させています。
本当はもっと低い方が良いのかもしれませんが、我が家ではこれが限界ですね。


ユダイクスと呼ばれていますが、ヨーロッパミヤマのトルコ、シリア亜種ですね。
ヨーロッパミヤマはヨーロッパ最大のクワガタにして、ヨーロッパで幅広く分布しており、全部で6亜種に分類されています。
流通は原名亜種と最大種アクベシアヌス、ユダイクスがほとんどでトゥルシクスなどは見たことないです。流通してるんでしょうか?


去年のビークワレコードでユダイクスとアクベシアヌスが更新されましたが、いずれも100ミリを超える素晴らしい個体でしたね。
飼育方法も載せられていたので、とても参考になりますし、レベルの高さを感じました。

大型のミヤマということで、例にも漏れず2年1化型が通常だと思いますので、飼育には忍耐が必要とされる虫ですので、大きな個体を出すのは大変だと思います。
産卵は国産ミヤマよりも簡単って聞きますが。


とはいえ、不安なので実は♀だけ追加してました。もちろん格安で。





完品の♀です。
値段交渉の末、破格の値段で購入。
2017年9月羽化の44ミリです。
若干活動気味なのが不安ですが、寝せます。


さらに、おまけ♀。





こちらは、符節欠けです。
なにがおまけかというと、、、





見てくださいよこれ。
2016年10月の羽化です。
すでに1年4ヶ月が経過してますよ。笑

とんでもなくおばあちゃんミヤマですが、ビーオンさんのワインセラーの奥で眠っていたので、ワンコインで頂いてきました。
生きていればブリードしてみようかな^^;


いずれにせよ、ブリードは5月頃と考えていますが、状況を見て決めようと思います。


ミヤマとキクロは謎の魅力がありますね。

スポンサーサイト

COMMENT 0