FC2ブログ

D.スツラリス① 後食

特に飼育ネタがないので、そろそろブリード予定の個体を紹介します。


今回はややニッチなドルクス、スツラリスです。

個人的にはスツラリスオオクワガタがマッチする和名と考えていますが、最近のBE-KUWA等ではスツラリスコクワガタと表記される事が多いです。
グループもネパールコクワと同じところに分類されています。


ですが、見た目は明らかにオオクワガタなので、当ブログではスツラリスオオクワガタと表記することにします。


このスツラリスですが、一見するとグランディスを小さく細くしたようなクワガタです。分布はあまり馴染みのないパキスタン北部からアフガニスタン東部、インド北西部の比較的限られた地域に生息しています。


たぶん下の円辺りと思われます。



Googleマップより引用


アフガニスタンの生体は流石に流通していないと思いますが、パキスタン産はこのスツラリスとクルビデンスに関しては流通を確認しています。


近縁種には今年話題(?)のラティオキナブスやモンパがいます。


最大は50ミリ程度と小型のオオクワガタですが、非常に魅力のある種であると感じています。


では、個体の紹介。


まずは♂。






真横ビュー。


横から見ると内歯が反り上がっている事がよくわかります。



真上ビュー。


顎がかなり細く、前方を向きません。



次に♀。





縦スジはあまり入りません。



真上ビュー。


♂♀共にややツヤ消しです。



スツラリスオオクワガタ
Dorcus suturalis
産地:パキスタン バットグラム
累代:CBF4
羽化日:2018年4月


9月頃から温度を上げ、10月から後食を確認しています。
そのため、こちらについても今月中には一度ペアリングをして、セットを組んでみる予定です。

セットは普通にカワラ材を使用予定。
やや癖がありそうな種ですが、無事に産んでくれることを祈ります。


COMMENT 0