FC2ブログ

G.ビフィドゥス② 羽化

最近やや忙しく、帰宅後食事してそのまま朝まで寝落ちするという生活のためかほぼ虫の世話はできていません。


久々のゴロファです。


少し前、ゴロファ・ビフィドゥスが羽化しました。
こちらは2017年の2月割り出し個体なので羽化までは1年と8ヶ月ぐらい経っていたことになります。
温度が低かったためか、結構時間が掛かってしまいました。

最終のマット交換は1月15日のようなので、半年以上は放置していたみたいです。

サイズは期待していませんでしたが、なかなか見られるサイズにはなったと思います。



このアングル。


結構カッコ良いです。



真横ビュー。


ビフィドゥスはガウジョンやアエゴンと比べてタテヅノがあまり伸びません。




真上ビュー。


全体的な大きさも上記の2種と比べて小さめです。





タテヅノの先端が二股になるのも特徴です。






上翅はこんな感じ。


1400ccボトルでこのぐらいのサイズが出るのは有難いですね。


ゴロファ・ビフィドゥス(ビフィドゥスタテヅノカブト)
Golofa bifidus
産地:Peru Huancayo junin
累代:WF1
羽化日:2018年10月


是非ともブリードを~って考えてましたが、♀が蛹で落ちたのでやや諦め気味。
♀単をいくつかのアテを頼ってみて無理そうなら潔く諦める予定。


関連記事

COMMENT 0