FC2ブログ

ミヤシタノコギリ①

起きたら耳元にアスタコがいました。
そんな経験ありませんか?

こんばんは。s-れいんです。


今日はノコギリネタ。
先日のKUWATAで同行者によって購入されたマクラレンドノコギリの北ベトナム亜種(ssp. miyashitai )です。


マイナー種かつ小型種のため、それ程人気のないと思われる本種ですが、個人的には結構好みです。
何より流通皆無なところが良いですね。
そしてめっちゃ安かった…。

マクレランドノコギリの原名亜種自体はインド北東部、ミャンマー、タイ北部に生息しており、先端部の内歯が前方で部分的に融合してへら状になりるそうです。
亜種は北ベトナムにssp. miyashitai、南ベトナムにssp. chujoiがいます。
なお、私が所有する旧大図鑑では原名とssp. chujoiの2亜種のみです。

BE-KUWAを見た感じだと、結構大型になるみたいですね。

中国産はこちらのサイトを参考にさせて頂くとやはりssp. miyashitaiと同じ特徴が出るそうです。
そのため、当ブログでは本種をミヤシタノコギリで扱うことにしました。


まずは♂。


大きさは20ミリぐらい。

小型の国産ノコギリをさらに小さくした感じです。



真上ビュー。


次に♀。



どこかで見たことあるような模様。





結構ジェンキンスっぽさがあります。


ミヤシタノコギリクワガタ
Prosopocoilus maclellandi miyashitai
産地:中華人民共和国広西壮族自治区大明山
累代:F7
羽化:2018年9月


羽化は9月ですが、とりあえず後食を待つことにしました。


餌を食べているのを確認したら、同居させ同居でセットに入れる予定。
セットはマットのみでいけるみたいです。



COMMENT 2

たるや  2018, 10. 24 [Wed] 11:39

こんにちは^^

アスタコは無いですが、メソトプスの♀はよく脱走します。
レギしか飼わない理由のひとつだったりしますw

Edit | Reply | 

s-れいん  2018, 10. 24 [Wed] 22:28

たるやさん

メソトプスのアゴは強いですよね。
流石にプリンカップでは管理できないです(笑)


>アスタコは無いですが、メソトプスの♀はよく脱走します。
レギしか飼わない理由のひとつだったりしますw

Edit | Reply |