FC2ブログ

ルゴススサビ①

今日は専門店でのBE-KUWA最新号の発売日でした。
昨日の予告通り、帰りにむし社さんに寄り無事に購入。


今回はレコード号でしたね。





今回登録されたレコードの数はそれほど多くはなかったです。

レコードについて少し語りたいところですが、まだまだお持ちでない方も多く、ネタバレになるので来週ぐらいにします。

でも一言だけ、今回のレコード、知り合い多すぎ(話した事はないけどやり取りしたことある人含む)






先日のビートロンのイベントにて、貴重な生体を頂いてしまいました。
いつもありがとうございます。


それがこちら。





南インドに生息する貴重なサビクワガタ、ルゴススサビクワガタです。


正直本種の和名をサビクワガタとするのはナンセンスだと感じていますが、最新の図鑑でもサビクワガタになってたのでサビクワガタにしときます。


産地は近年は全く入荷のない南インドです。本個体はおそらく2011年頃に入荷した個体からの累代だと思われます。
詳細は不明。


小型のドルクスとしては一風変わった種で、どちらかといえばパラレリピペドゥスとかパラレルスとかそういう感じの小型オオクワのような形をしています。
インドに生息している種ではカワムラサビとかよりもむしろボブオオクワやセウェルツォオオクワの方が近そうです。

ちなみに、標高は1,500m前後に生息しているらしく、意外に低温でブリードできるのかもしれません。
「BE-KUWA 50号、むし社 2014年」より


こちらが♂。


真上ビュー。





新成虫のためか艶もありますが、よく見ると模様のようなものがあります。


そして♀。




こちらも♂同様の模様。



真上ビュー。



ルゴススサビクワガタ
Dorcus rugosus
産地:インド共和国南部 タミル・ナードゥ州
累代:CB
羽化日:2018年10月上旬


飼育は普通のサビクワと同じようなイメージとのことなので、しばらく寝かせてからペアリングしようと思います。

貴重な虫なので絶やすわけにはいきませんね。

COMMENT 0