FC2ブログ

キュウシュウオニ③ 割り出し

今日は暑かったですね。
新潟では10月なのに35度を超えたらしいです。
台風によるフェーン現象の影響みたいですが、雨が降るよりはまだマシかなと言ったところです。


今日はお休みということで、幼虫が見えていたキュウシュウオニクワガタの割り出しを行いました。
セット日は7月10日ということで、ちょうど3ヶ月間のセットということになります。

オニクワガタは非常に寿命が短く、今回も羽化後2週間程で活動し、ペアリング後セットしました。
セット後1ヶ月ぐらいでたぶん親は落ちましたが、無事に産卵してくれたようです。


ちなみに、親の個体ですが、かなりイカしてます。






◼︎2018年10月6日 割り出し







ぱっと見の印象だとなかなかの数がいます。
とはいえミニケースなので、そこまでではないです。



材周辺。


おそらく、材の表面に産んであるものと思われます。少なくともマットの側面からは卵は見えていませんでした。



材の中。


材の中も食痕だらけ。
そこそこ出ました。


結果は、






幼虫が41頭でした。
まぁ満足です。


マニアックな種類なので特に欲しい人もいないとは思いますが。
楽しいので累代は続けようと思います。


なお、幼虫は90か120プリンカップにて産卵一番で管理。温度は21度程度を予定していますが、冬は常温で15度程度まで下げるかもしれません。

関連記事

COMMENT 0