FC2ブログ

ハードウィッケイゴホンヅノ①

そういえばこんなのもいたなシリーズ。

今日は珍しくカブトネタ。


そろそろシーズンインのハードウィッケイゴホンヅノカブトです。
決してWILDが入ってたから思い出したとかではありません。


いつだったか忘れましたが、くじの景品で3令ペアを入手していました。


かなり黄色くなってきたので、そろそろ羽化してほしいな~と思いつつ最後のマット交換です。


◼︎2018年8月26日 マット交換



こんなんです。


体重測定。


まずは♂。





39.3g。
ポルテリ程ではありませんが、並みのゴロファよりは重いですね。


次いで♀。





37.2g。
♂とあまり変わらないですね。
角があまり伸びる種類ではないので、そんなものなのかもしれませんね。
もしくはこいつも♂なのか。



先日中国雲南省産のハードウィッケイが入荷してました。産地柄、値段もそれなりですが、我が家の個体はもう少し流通しているミャンマー産になります。
スキットゴホンヅノも入荷してましたね。以前科学博物館で標本を観たあいつです。
この記事です。


ハードウィッケイゴホンヅノカブト(ヒメゴホンヅノカブト)
Eupatorus hardwickei
産地:ミャンマー カチン州 ミッチーナ
累代:WF1
孵化日:2017年10月


ハードウィッケイは中国からミャンマー、インドにも分布するようです。上翅の色も黒っぽい色からクリーム色までいろいろ出るようです。遺伝するかは不明ですが、本個体の親は上翅が茶色っぽくなる珍しいタイプだそう。

季節的にはそろそろゴホンヅノの季節になりますね。特にやる予定はないですが、楽しく眺めることにします。
ゴホンヅノの飼育個体があまり流通してないのって、やはり飼育に癖があるからなんでしょうかね?
噂では結構寝るとか。




幼虫は結構毛深いです。


ちなみに、マットはBeetle onのスタンダードカブトマット、管理温度は22~23度と普通です。
今のところ順調に成長しているので、このぐらいであれば大丈夫なようです。


無事に羽化してくれることを願うばかりです。


COMMENT 2

かっつ  2018, 08. 31 [Fri] 01:38

こんばんは

ゴホンヅノも独特のスタイルでかっこいいです。
だいぶ色付いてきているのでそろそろ蛹化しそうですね^^
羽化楽しみにしてます♪

Edit | Reply | 

s-れいん  2018, 08. 31 [Fri] 22:08

かっつさん

ハードウィッケイって高級感がある気がします!
無事に蛹化してくれると良いのですが…。

ありがとうございます!


>ゴホンヅノも独特のスタイルでかっこいいです。
だいぶ色付いてきているのでそろそろ蛹化しそうですね^^
羽化楽しみにしてます♪

Edit | Reply |