M.エレファス(幼虫)

こんばんは。
s-れいんです。


今日はとても良いことがあったので気分が良いです。
週末のイベントに向けて気合が入ってきました。



今日はメガソマネタ。
しかもビッグな方。

実は知人よりひっそりと入手していたエレファスゾウカブト。
先日成長の良い2頭だけマット交換をしました。


エレファスゾウカブト
Megasoma elephas elephas
産地:Mexico Veracruz tuxtlas Catemaco
累代:WF2
割出し:2017年11月


2015年ぐらいに神戸の方に入ったWILDからのインブリード、貴重なWILD直子の個体です。





1月時点でこんな感じでした。
だいたい16gぐらい。


とりあえず1400ccボトルにカブトマット、23度で管理。


先日、3月19日にはこんな感じに。






でかいな。
これがゾウカブトの成長速度ですか。

初体験でした。





重さも54.7gと40g近く成長してました。
ちなみに判定は♂。





フンもドッグフードみたい。
アクティオンなんかこれ以上なんでしょうね。

ゾウカブトと言えばエレファス。
私の中でそれは昔から揺るぎないのですが、最近はスモールメガソマに夢中になってました。

エレファスも最近になり亜種区分が見直されているホットな種ですね。
もっぱら話題はイイジマ型と呼ばれるベネズエラ産の個体ですが。

ただ、イイジマ型は現時点では亜種区分はされておらず、むしろ胸部前縁突起基部がコブ状にならないとされる、コスタリカ等の中米産がssp.として出回っていますね。
イイジマ程ではないけど、こっちもなかなかお高い。
どちらかというと、こっちの方が亜種として記載されそうです。


そんなこんなで、エレファスはゾウカブトの中でも最も生息範囲が広く、中北米のメキシコから南米のエクアドル、もしくはペルーにまで生息していると言われています。
流通していのはほとんどCBのメキシコ産ですが、こういったレア産地を集めてみるのも面白いかもですね。


飼育の話に戻ります。


我が家には他にも3頭いますが、2頭は小さいのでボトルはそのまま。
この個体ともう一頭はパンやさん(4.2L)で管理。

B-ONカブトマットと普通のカブトマットの混合で、21度前後に温度を下げました。


幼虫期間は1年半ぐらいだと思うので、羽化するのは来年ぐらいだと思われますが、貴重なインブリード個体なため、羽化ズレなく累代してくれれば良いですね。


スポンサーサイト

COMMENT 0